風俗嬢になった理由がネガティブでも表に出さない

最近の風俗事情としては、風俗求人に応募してくる女の子はわりかしポジティブな理由もあるんですね。
海外旅行に行きたい、留学したい、自分でお店を開く資金が欲しいといったこともあります。
ただ、それ以外にもネガティブな理由でということもあるにはあります。

ネガティブな理由の風俗求人応募について

例えば、シングルマザーになってしまい生活が苦しくてやむを得ず風俗のお仕事を始めるという人もいますね。
他には、多重債務者になって返済がおぼつかないためだとか、学費が足りなくて、というような辛い事情から風俗のお仕事を始める人もいるんですね。
そういう動機で風俗を始める事自体は、別段悪い事ではないのですが此処で大事なのはこれを表に出さない、という事なんです。
確かに、大変な事情で風俗嬢になってしまったかもしれませんがお客さんとしてはそれは関係ない事ですからね。

あくまで接客は明るく

辛い事情を持っていたりしても、お客さんからしたらそんな辛気臭い感じで風俗のサービスをされても何も楽しくないですからね。
なので、ネガティブな目的で風俗嬢になったとしてもそれを表に出さず明るく笑顔で、お客さんに楽しんでもらうという事を一番に考えてお仕事をしましょう。
そうすることで、自分の目標金額に達するまでの時間も短くなるでしょう。

裏技的なやり方

ただ、この表に出してはいけないのはあくまで接客中だけです。
寧ろ、常連客などになって顔なじみになったお客さんには敢えて自分の事情を話して、より懇意にしてもらうという裏技的な接客もあるにはあります。
ですが、あくまでこれは裏技ですし自分の身の上話をすることが出来るくらいに通ってもらわないと成立しないやり方です。

関連する記事