風俗嬢のお仕事はマナーの悪い客が来ることもあります

風俗嬢のお仕事を始める上では、決して楽なお仕事ではないということを心構えとして持っておかなくてはいけません。
エッチしてあげればそれだけでお金をもらえるんでしょ?という甘い考えでお仕事を始めるとより大変に感じます。

マナーの悪いお客さんもいる

風俗に来るお客さんというのは、必ずしもマナーのいい男性ばかりではないんですね。
店に出禁になるようなレベルではないにしろ、やたら横柄な態度を取るような客だったり、風俗嬢にお店に内緒でこういうサービスをしてくれ、というようなわがままを言ってくるお客さんもいます。
中には、興奮しすぎてNG行為をして来るようなお客さんもいるなど、あまり性質のよくないお客さんが来る事だってあるんですね。
そういった、厄介なお客さんが来た場合もある程度は我慢したり上手にかわしたりすることも大事になってきます。

厄介なお客さんの対処について

あまりにも度が過ぎる場合は、スタッフに助けをこっそり求める事が出来るようなシステムがあるのですが、基本的にはある程度受け流すようにして対処するスキルも求められるんですね。
細かい嫌なことで一々スタッフにヘルプを求めていては、風俗としてのお仕事が成り立たなくなってしまいますからね。
なので、基本的にはたちの悪い客でも何とか自分で対処するような心構えも大事になって来るのです。

流されないようにすること

風俗嬢のお仕事をするときに大事なのは、マナーの悪いお客さんに対してもきちんと断れるようになることです。
例えば、今回限りにすればいいやとお店の決まりを破るような要求を流され飲んでしまうと、次回以降も同じことを要求されてしまうこともありますからね。
なので、毅然とした気持ちを持つ事も大事なんです。

関連する記事